FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンの世界へ♪パート6

2008/10/09 07:55
CIMG3853.jpg
モーテルから続く赤い細い一本道を 行くとそこは・・・。夕暮れせまるキャベンディシュビーチ!向こうはセントローレンス湾。もうすぐ陽が暮れます。

CIMG3867.jpg

CIMG3868.jpg


 夕食後、最後の夜を楽しもうと外へ・・・!なんとカナダの夕陽が
 キャベンディシュ合同教会がとても綺麗。さらに教会の窓のステンドグラスが自然の夕陽できれいに映えていました。(写真には写りませんでしたが)

 今回の旅行は今迄でで最高の思い出をくれたのではないかしら?もちろんヨーロッパもそれぞれ良かったけれど・・・。
 少女時代にあこがれた、アンの故郷を訪れ、美しい、やさしい自然、あたたかい優しい人々と触れ合うことができました。モンゴメリがプリンスエドワード島を舞台にアンの小説を書いた意味の一つがこれなんですね。故郷のすばらしさは知ってもらいたいし、いつまでも永遠なんですもの。
 プリンスエドワード島を一言で言えば 「やさしさ」でしょうか?
こんな素敵な大切な時間をくれた主人と娘に。 本当にありがとう♪
 
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 綺麗な夕陽ですねぇ~。私は残念ながらこんな景色とは出逢えませんでしたが、プリンス・エドワード島の写真や映像を見る度に、幸せな気持ちに包まれます。ローズさんのおっしゃるように、「やさしさ」の島だからかもしれませんね。
 娘さんのブログも拝見しました。ローズさんの想いを温かい気持ちで理解している娘さんの優しさにも感動しました♪



ナンさんへ
 ありがとうございます。娘のブログも見ていただいたなんて・・・。
いつも優しい気持ちを忘れずにいたいですね。でもいつも反省ばかりの私です。



プリンスエドワード島ってすごくいいところなんですねi-194
どの写真も素敵で見入ってしまいました。
特に夕焼けの写真は奇麗で気に入りましたi-178
日本の夕焼けよりオレンジが鮮やかな気がするのは私だけでしょうか。。。

実は赤毛のアンをちゃんと読んだことがないのですが、
ローズさんの日記を読んでいて、私もアンの世界を見てみたくなりましたi-237
本屋さんで探してみようかなi-84



媛っ子さんへ
 私もこの夕陽とっても好きなんです。ぜひ若いうちにプリンスエドワード島に行ってくださいね!アンの本おススメですよ。特に村岡花子さん訳♪



はじめまして!

プリンスエドワード島は、一度は行ってみたいところです。素敵な写真で、少し旅気分にさせていただきました。ありがとうございます♪

夕日と、夕日が映った家がきれいですね。




キリさんへ
 お訪ねくださりありがとうございなした。写真は素人なので上手に写すことはできなかったのですがこの夕日は本当にすばらしかったです。 



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。