スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治の休日♪

2010/06/28 12:38
紫陽花で有名なもう一つのお寺。宇治の三室戸寺
  CIMG0867burogu.jpg
  奈良の矢田寺とはまた違ったおもむきがあります。

  ハート型の紫陽花を見つけると幸せが・・・♪

   CIMG0874bu.jpg
 ピンクのもみーつけた
CIMG0904_burogu.jpg
     蓮もきれい!
             burogu.jpg
      CIMG0893burogu.jpg

    狛犬ではなく狛兎です。前の球の中に卵が入っていてそれを立てることができれば運が良いとか・・・♪
               buroguusagi.jpg

  その後、宇治上神社へ。世界遺産なのですがあまり知られていないのでは・・・?こじんまりとした静かな落ち着いた風情の神社です。なんとこの日ここで結婚式がありました。お幸せに

       CIMG0907_bu.jpg

 おしまいはやはり宇治を訪れたからは・・・!
  平等院

         CIMG0916_bu.jpg

    やはりいいですね!どこから見ても・・・。
  小雨が降っていましたがちょっと素敵な休日でした。ちなみに第二京阪なる道路を使うと堺から一時間ほどで宇治まで行けるのには驚き!

        

 





スポンサーサイト

あじさい寺を後に・・・♪

2010/06/18 08:29
あじさい寺のお次は・・・?

矢田寺に行ったからにはランチは当然「ル・ベンケイ」で・・・。矢田寺から車で10分ほど走ると素敵な建物が・・・。 

     CIMG0831_bennkei.jpg チェ・ジュウさん主演の韓国ドラマ「スターの恋人」でもロケ地となった所です。ウエディングもでき、カフェ、ケーキ、パンのショップもあります。お料理はここで栽培された野菜などふんだんに取り入れたフレンチ ピアノが流れるお庭に面したテーブルで素敵なランチタイム。たまにはいいよねえ♪
  「
  ランチの後は慈光院」へ。石州流で有名なお寺です。江戸時代、片桐石州が武士にあった茶道を説きそれが広がり今に至っています。武士は刀を差すので、ふくさを右側につけてのお手前です。
 お寺というより全体がお茶室のようで庭園、露地、つくばい、小間など素敵な風情にあふれていました。
 
   CIMG0836_jikouinn.jpg
   CIMG0841jikou2.jpg   庭を眺めながらお薄もいただけます。
  
  帰りは中宮寺で大好きな「弥勒菩薩」に再会し、心いやされた一日でした。


紫陽花の夢

2010/06/17 10:34
紫陽花を見に行きました♪
  CIMG0795_bu.jpg   矢田寺の紫陽花です。8割ほどきれいに咲いていました。何十種類もの紫陽花が・・・
 CIMG0794_buro.jpg   かわいい! ピンクのがくアジサイ
    
         CIMG0802burogu.jpg
   
CIMG0822_busahasi.jpg  一番のお気に入り「佐橋の庄」

                 CIMG0826_yamasjisaikurenai.jpg やまアジサイ 紅(くれない)

    CIMG0805_bu.jpg フリルの花びらが可憐♪

          「秋篠てまり」と言うそうです。素敵な名前ですね! CIMG0820_akisino.jpg
  CIMG0798_zenntai.jpg
 まだまだいっぱいあります。雨上がりの少し日がさしかけた頃。紫陽花には良く似合うお天気で、しばし夢の世界をさまよいました。





    

さくらさくら

2009/04/15 10:07
CIMG0556.jpg

春の暖かい一日。ずっと行きたかった常照皇寺の桜を見てきました♪
まずは門前の枝垂桜♪ こちらはみごとに満開でした♪
第一のお目当ては「九重桜」
 CIMG0563.jpg
 開山堂前の天然記念物に指定されている桜で光厳天皇が手植えをしたのが最初だとされています。残念ながら満開時を過ぎ半分散ってはいましたが隣の左近の桜は満開でした。でも九重桜の満開時を想像することができそれはそれで素敵な時間。
 九重桜のアップです。とても可愛い枝垂桜でしょう!
 CIMG0575.jpg
 方丈前の「御車返しの桜」は五分咲きでした。

CIMG0564.jpg

お寺内は石楠花もみごとで楽しませてくれます。
CIMG0572.jpg
 京都の周山にたたずむ素敵なお寺でした。


若いっていいなあ♪

2009/02/06 08:20
shochikuza200902_5_handbillthumb_1[1]
花形歌舞伎を観てきました
勘太郎、七之助君をはじめ獅童君、亀冶郎君、愛之助さん等若手が勢揃いです。演目は「毛抜」「鷺娘」近松の「女殺油地獄」。この日が歌舞伎デビューの娘にとって非常に分かりやすい、しかも有名な見せ場も多い内容で大満足。私のお目当ては七之助君♪ 綺麗でしたね。やはりポスト玉三郎さんではないでしょうか?もちろん勘太郎君もいいですが!
 勘三郎さん以上の世代はもちろん貫禄も華もあり素敵ですが、たまには若いエネルギーを頂くのもいいなあと思いました。(私も年をとったんだ。ちょっと悲しいなあ!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。