スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術の秋スタート!

2007/10/01 09:51
20071001095140

 雨の中、川村記念美術展を観に行きました。以前より見たいなあと思っていたのですが、千葉県佐倉まで行くのは・・・。
 今回兵庫県立美術館で開催されたのはラッキーでした。大好きなモネ、ピサロ、ルノアール、さらに近代アート、日本美術といろいろな分野を楽しめました。長谷川等伯の作品が昨日は展示されていなかったのがちょっと残念でしたが・・・。
 さらにこの美術館は安藤忠雄さんの設計で、美術品だけでなく美術館自体もとても素敵なんです。また、作品を目ではなく手で触れて鑑賞するコーナーがあり、アイマスクをして手探りで作品を鑑賞する体験もできました。 
 やっと涼しくなりさあこれから芸術の秋も本番ですね
スポンサーサイト

うーん残念!

2007/03/19 15:36
20070319153659

松江にあるルイス・C・ティファニー庭園美術館に行ってきました。
以前より一度訪れたいと思いながらなかなか行く機会がなかったのですが、今月末で閉館と聞きこれは是非行かなくては・・・と昨日出かけました。
 行って良かった!本当に素晴らしい作品ばかりで一時現実を忘れてしまいました。特にステンドグラス窓はなんともいえないほど素敵 写真はチャペルの中のステンドグラスです。
 館内にはたくさんのステンドグラス窓や、ランプ、シャンデリア、フロアの他絵画、家具、モザイクなどティファニーの美がいっぱいあふれていました。
閉館なんて本当に残念でなりません。理由はオープンの時から松江市などと色々な意味での意見の相違があったようで今年閉館に踏み切ったようです。 どこか新しいところで再オープンして欲しいものです。

世界初の陶板画美術館

2006/03/23 14:25
大塚国際美術館に行ってきました。世界で初めての陶板画美術館です。大阪から明石大橋~淡路島~鳴門大橋を渡って約2時間少しで着きました。 入ってすぐ前は、あのミケランジェロの最後の審判があるシステーィナホールです。イタリアで見たときは修復前だったのですが、こちらのは修復後のもので色も鮮明です。ちょうどダ・ヴィンチ・コードツアーもあるので海外まで行かなくてもいろいろ楽しめます。 陶板画は何年たっても色あせないということで、永遠に芸術作品の色をそのまま残せるのですからそれはそれですばらしいですよね。 展示方法もおしゃれで素敵でした。モネの大睡蓮は屋外にあり自動車道からも少し見ることができます。 私個人の意見を言わせていただけるのなら、もう少し印象派の作品を置いてほしかったな! またできれば、今後日本の作品も作ってもらいたいと思いました。 お土産は陶板のミニチュアール。額に入っているのがお勧めです。

モネ♪

2006/02/10 13:04
20060225224213


モネ♪

モネのスイレンです☆☆
昨年娘とパリを歩き回ったのですが、その時行ったお気に入りの美術館のひとつ、モルマッタン美術館!高級住宅街の16区パッシーの先のブローニュ森に近いところにあります。美術史家ポール・モルマッタンの邸宅を美術館にしたもので、落ち着いたとてもすてきな美術館です。今オランジェリー美術館が工事でクローズしていますが、ここのスイレンも小さいながら見る価値はじゅうぶんあります。大きな美術館に比べて静かで人が少ないのがとてもいいのです。パリに行かれたらぜひ立ち寄ってみてください。
それともうひとつジャックマール・アンドレ美術館もお勧めです。豪華な邸宅を美術館にしたもので建物だけでも見る価値があります。ルーベンス、フラゴナール、なんとボッティチェリもありました。ダイニングルームはサロン・ド・テになっていておいしいお茶とケーキがいただけます。ミルフィーユは最高でした♪

おすすめ記念館(1)

2006/02/01 14:48
2月になりました。もうすぐ菜の花忌。ちょうど一年ほど前に、司馬遼太郎記念館に行きました。安藤忠雄さんの設計で自宅のすぐ隣にありとても素敵でした。雑木林の小途を行くと書斎が庭から見えます。記念館はその奥。地下からの吹き抜けの空間がすばらしく落ち着いていました。もちろん書架にも目を見張りますが、一番の驚きは天井近くの壁に浮かび上がった竜馬!感激でした。多くの作品の中でやはり大好きなのは「竜馬が行く」。何度読み返しても感動しますね!
 
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。