スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな二人になれたらいいなあ!

2010/10/29 09:24
              03301927[1]
「ストーリー セラー」  有川 浩
   小説家の妻を愛し支え続けた夫。その二人にあまりにも過酷な運命が・・・。愛と死。仕事、家族、いろいろな思いが駆け巡ります。二つの物語で構成されていますが、まったく別のようでありつながっているようであり・・・。作者の有川浩さんと主人公が重なり、もしかして実話?と思ってしまいます。本当のことなのでしょうか?
「フリーター家を買う」や「阪急電車」も好きな作品ですがこの「ストーリーセラー」もちょっと違った感じでいいですね♪
スポンサーサイト

ほっこり、ふんわり江戸時代

2010/09/18 08:20
 八朔の雪  高田 郁

32215836[1]

  時代小説です。大阪生まれの主人公澪が逆境にくじけずお店の再建を目指していくという・・・。泣いて微笑んで・・・、と感動です。澪を取り巻く暖かい人々の姿も何とも言えません。(もちろん悪い奴らもいますが・・・)江戸と上方の食文化の違いなども盛り込まれお料理好きな私にとってはうれしい小説でした。これからの季節、「とろとろ茶碗蒸し」など作ってみたくなります♪
どうしてタイトルが「八朔の雪」なんだろうと思いながら読んでいましたが、後半なるほど・・・と感動。「雲外蒼天」 「旭日昇天」。あなたならどちらがいいですか?
 巻末のお料理レシピも素敵!

ジーンときますね!

2010/09/13 09:20
32299970[1]

主人公は、 夏目漱石をこよなく愛し地域医療に従事する医師、栗原一止。魅力的な大学病院からの誘いも断りしばらくは地域に残り自分の信じる道を進んでいこうとする彼の姿に何とも言えない優しさ、尊さ、強さを感じました。末期癌の患者、安曇さんの手紙には涙が止まりません。「病むということは、とても孤独なことです」という文を読み初めて病気と戦っている方々の気持ちが少しわかったような気がします。
 私にも老いや病と闘っている両親がいます。最近愚痴っぽくなった両親に対してもう年なんだから当たり前とか、もう平均寿命生きたんだから元気になるわけないわ、とか思っていたところはありました。老いというのも孤独な病の一つです。当たり前だとわかっていても認めたくないのも事実なんです。今まで、いえこれからも私を愛してくれる両親に少しでも「生きていてしあわせだなあ。痛いところはたくさんあるが食べたいものもたくさんあるよ。もうちょっと生きたいなあ」」と思ってもらえるようにしたい・・・。どれほどのことが私にできるのか自身はありません。が、この小説は少しヒントを与えてくれたような気がします。
 下宿の同居人、学士殿との別れのシーンも印象的。かわいい奥さんハルさんとの会話もほのぼのしていていいですね。 前に進むことばかり考えず、けつまずいたら立ち止り足元を見つめなおす・・・。そうすれば、忘れていた当たり前のこと、でもそれはとても大切なことに気づくのではないでしょうか?またそうありたいですね。

スズランのように!

2010/08/21 10:38
「プラチナデータ」 東野圭吾 
 
人間があらゆるデータにすべて管理されてしまう世界。芸術作品までもデーター化されコンピューターや機械が人間の作り上げた芸術に勝るものを簡単に作り上げてゆく世界。もうまさにやってきつつある現実なんですね。世界各地で起こっている異常気象は天の神が「もうやめて!」と警告しているに他ならないのでは・・・。なんでも便利になるのはとってもいいことですが本当にそれでいいのでしょうか?自分の手と足でしんどいけれどやらなければならないこと、時間はかかるけれど心をこめてしなければならないことを決して忘れてはいけないのです。
「大切なことは思いを込めること」「思いは必ず手に伝わる」つまり人の心にも伝わるってことなんですね。
ラストも感動です。スズランのような人を見つけなければ・・・ね。
 
チクシの言葉がはなれません。
「特別なことはことはしていない。人間本来の生活を送っているだけだ」「そんな大層なものじゃないよ。まともな生活を送りたいっていう人間が、なんとなく集まっただけだ。」

これも良かった♪

2010/04/08 09:12
33492694[1]

またまた東野圭吾です。
「カッコウの卵は誰のもの」
あっという間に一気に読んでしまいました。映画化かテレビドラマ化されそうな・・・。
遺伝子と才能、親子の愛など深く考えさせられるテーマ満載です。
特に父が子を思う愛は今までのものとは少し違った意味でジーンとくるものがありました。「さまよう刃」のようにあまりにも悲しすぎるラストではなく未来への希望が続いていたのでそれもホッとしたというか、暖かくて良かったかな!物語の意外な展開にも驚かされますし好きな作品の一つになりました。電車の中でもさぁーと読めて後はすっきり感が・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。